Youtuberでドッキリ企画を行うときの注意点

Youtuberの中には複数人のグループでやっているケースも多々あります。 そういったグループのYoutuberならではの企画というのもあって、それがドッキリ系になるのです。 これは有名なYoutuberが割と使っている動画のネタで、バラエティ番組でも人気の企画なので、かなりの再生数が見込めるのです。 ドッキリというのは、面白い瞬間というのがほぼ確実に訪れるという期待が視聴者にもあるので、安心して笑うことができるというか、笑える瞬間を楽しみにできるという特徴があります。 だからこそ、テレビ番組でもドッキリ企画というのが流行るということになります。 しかし、Youtuberはそういった企画に関して、テレビ番組の制作側と全く同じ力量を持っているとは言えませんから、どこまで視聴者を楽しませることができるのか?は未知数な面もあります。 ドッキリ企画はある程度パターンがあるので、その型にはめることで一定の面白さは確保できるはずです。 しかし、再生数を伸ばすためには、普通の面白さではいけないでしょう。 テレビ番組では見られないような、Youtuberならではのドッキリ企画が必要ということになります。 テレビと同じだと、多少なりとも面白いとは感じてくれそうですけど、新鮮味はないです。 だから、ドッキリの内容に関して、いかにテレビでやっているようなものと差別化するか?という企画力が勝負になります。 テレビにはテレビの強みがありますけど、YoutuberにはYoutuberの強みがあります。 そこを意識してテレビにはできないようなことをやっていくことができれば、テレビ以上の面白いドッキリができて、それによって多くの注目を浴び、Youtuberとしての知名度も上がっていく可能性があります。 ドッキリ企画にはそういった可能性を秘めている面もあると思うのですが、気を付けてほしいのは慎重にやらないといけません。 これは特定の人間を騙すことが含まれているので、その人間にドッキリを仕掛けているときにバレたら、全てがパーですから。 だから、この企画を成功させるためには、動画を撮っている過程が本当に大切なので、そういったところは頭に入れておきましょう。 動画としてアップすることができない場合も考えられるので、ドッキリ企画というのは本当に慎重に行わないといけないので、難しい企画と言えると思いますし、そういったところを頭に入れておきましょう。