足で稼ぐよりSNS

1、はじめに

ビジネスにとって営業は基本中の基本です。
営業が取れなければ仕事することはできません。
どのような業種であっても共通することで、少し前までは営業は足で稼ぐと言われていました。

このビジネス手法は今でも存在しますが、流れは変わりつつあります。
一つは労力が非常にかかる上、無駄が多いことです。
一つの体で1日どれだけ営業することができるでしょうか。
どんなに営業を回っても20から30が限界でしょう。
もちろん仕事内容にもよりますが、平均的には、一人でそのぐらいの数しか回れません。

他にも、営業を行う上で非常に経費がかかることも問題の一つです。
しかし、インターネットの登場で状況は一変しました。
足を運んで営業を行わなくても SNS を利用すれば、何もしなくても多くの方がその記事を見てくれるのです。

しかも24時間関係なく内容を伝えることができます。
そして今では SNS をうまく利用することが、営業の基本になっているようです。

2、SNSを利用しよう

SNS も多くのもものがあります。
SNS もそれぞれ個性があって利用方法、得意ジャンルも違います。
例えば 一番有名なYouTube は動画なのでビデオで動画撮影をしなければなりません。
YouTube のメリットとして挙げられるのが、一つ動画をあげれば世界中でその内容を伝えられる点です。

世界に営業に行かなくても動画一本とるだけで多くの方々が、注目してくれるのです。
例えば自社の商品 を動画撮影をしてYouTubeで紹介すれば世界中から商品の問い合わせ、受注が取れるかもしれないのです。

また、動画ですから細かいポイントを伝えることができるのも非常に高いメリットです。

従業員の顔が見られればその商品の信頼度も高まるでしょうし、会社内の雰囲気も動画で伝えることができます。

商品説明で投稿した動画が新入社員を募集に役立ったという例もあるようです。
会社の中の雰囲気というものは、入社をしなければわからないことがほとんどでした。
しかし、実際の社員の方が動画撮影をしていることで会社内部の雰囲気が分かり、共感した若者が入社したいと志望したようです。

3、まとめ

営業方法は SNS の登場によって大きく変わりました。
もちろん SNS にもデメリットも存在するのでそのデメリットを理解した上で 活用しなければなりませんがSNSはこれから会社の経営を助ける大きな武器になることは間違いないでしょう。

YouTube だけでなく他の SNS も上手に利用することができればさらに会社の宣伝にあるはずです。
今までのやり方と SNS うまく組み合わせることが日本企業にとって重要なのかもしれません。